So-net無料ブログ作成

ぼんくら 3話のあらすじとネタバレ!

宮部みゆきさん原作のドラマ『ぼんくら』。

次々と事件が起きていくわけですが
第3話ではどんなことが起こるのでしょうか?

今回は、『ぼんくら』第3話のあらすじ紹介と
ネタバレ解説していきます。

スポンサードリンク



ドラマ『ぼんくら』第3話のあらすじ


NHK公式サイトより
『ぼんくら』第3話のあらすじ

鉄瓶長屋に突然現れた迷子の長助は、
満足に言葉がしゃべれない。

井筒平四郎(岸谷五朗)は、
そんな長助の素性を探り、
親元に帰してやろうとする。

長助の素性を知る老人を捜し当てた
佐吉(風間俊介)が平四郎と共に話を聞くと、
鉄瓶長屋に住む通い番頭の善治郎(徳井優)が、
本当の父親だという。

善治郎は奉公先の主人の「お手つき」女性と
一緒になるため、それまで関係のあった
長助の実の母を捨てたのだった。

引用元ーNHKネットクラブ

『ぼんくら』第3話のネタバレ

まず、長助がまともに言葉がしゃべれない
原因は、幼いころに病気になったためです。

長助の本当の父親の善次郎は
成美屋の番頭で奉公人という立場。

この奉公人というのは主人にたいしては
非常に弱い立場で、その命令には絶対服従
当たり前なんだそうです。

善次郎は、成美屋の女中である長助の母と
恋に落ち長助をはらみますが一緒になることは
主人から許してもらえません。

奉公人が所帯を持つこと自体が
ほとんど許されないということなんですね。

泣く泣く善次郎は諦めたのですが。

成美屋の主人は違う女と所帯を持たせます。

成美屋が、手をつけたコブつきの女の
処遇に困ったため、善次郎に
押しつけられたという訳です。

なにせ、主人の命令は絶対ですから。

当然、このことは秘密にしていたわけですが
長助と鉄瓶長屋で出くわしたことにより
秘密が暴かれてしまった。

この秘密を指摘したのは佐吉。
前の差配人の久兵衛がいきさつを書き遺して
いたからです。

主人絶対の善次郎は、逃げるように長屋から
出て行くことに。

また、鉄瓶長屋から店子が去っていく。

これには湊屋総右衛門の狙いが。
『ぼんくら』のあらすじをネタバレ暴露!


ちなみに、長助は佐吉が面倒をみることに
なります。


 

他にもたくさんの記事があります。
⇒全記事一覧はこちら



スポンサードリンク



こちらの記事もどうぞ

NHKドラマ『 ぼんくら』の 弓之助は天才少年

ぼんくら 2話のあらすじとネタバレ!佐吉には企みが?

ぼんくら ネタバレ!久兵衛が消えたのには裏が!

宮部みゆき原作『ぼんくら』 佐吉の素姓をネタバレ!



スポンサードリンク



2014-10-24 | 共通テーマ:テレビ | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ぼんくらのネタバレ・あらすじ・キャストを最終回まで All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。